« トッカータ ニ長調 BWV912 | トップページ | リーガロイヤルホテル »

2015年5月11日 (月)

「バッハの信仰」 コラールとカンタータ

後半二番目は

「バッハの信仰」ということで、教会音楽の中から3曲を演奏する。

 

この3曲の特徴はもちろん、「詩がついている」ということだ。
だから、その詩を知って理解していることがこの3曲を理解するうえですごく助けになると思うので、ここで紹介しておきたい。

 

ただ、興味深いのが詩と音楽の関係が3曲とも異なっていることで、

1曲目「神の時こそ最善の時」のソナチネはこの詩を味わうための心の備えのための曲で、まずは楽器のみでこの曲が演奏されてからこの詩が語られ始める設定。
で、どんな場面の曲かというと、葬儀の場なんだ。テーマは死。

   

「神の時こそ最善の時」

私たちは神の中に生き 動き 存在する 神が望まれるかぎり
神にあって死すべき時に私たちは死ぬ 神の定められた時に 
ああ主よ 私たちが死ななければならない者であることを教えて
熟考させ 賢くならせて下さい


    

2番目の曲「なんじにこそ 喜びあり」は、
聴衆がこの詩(とメロディー)を知っていることが前提の曲で、

バッハの時代の人々は、この詩によるコラールを暗記するほどに熟知していた。
     
その、「みんな知ってるあの詩、あのメロディー」を題材に、
詩のない、歌のない器楽曲として仕立てあげてあるわけ。
あの詩、あのメロディーをバッハ先生、どんなふうに器楽曲に仕上げられたのかなあ・・・・?というのが聴衆の関心事だったわけだ。
   
  
   

「なんじにこそ 喜びあり」

あらゆる苦しみの中にあって
あなたにこそ 喜びがあります
愛するイエスよ
あなたにあって
天からの賜物を受けます
あなたは私の救い主ですから


     

これは、「苦しみ」とか「死」、そしてその中での「喜び」がテーマになっている。


    

3番目 「人よ なんじの罪の大いなるをなげけ」は、
みんなで歌うための編曲。
この曲も当時の人々、暗記するほどに熟知していた。
だって、当時すでに200年くらいドイツの教会で歌われ続けた曲なんだから。
        

ゼパルト・ハイデンの作詞、マティアス・グライターの作曲による超有名曲であるこのコラール、実はもともと単旋律なんだ。
だから、当時の作曲家たちはそれぞれ思い思いにハーモニーをつけていた。
今でも複数の和声付けが残っている。
それでもって、この名高いコラールに「オレなら、こう和声付けするよ!」ってことでバッハが編曲したのこの日演奏するバージョン。
   

さすがにバッハの和声付けはすごいと思う。

そしてその分、演奏もかなりむつかしい。
    
断崖絶壁、急カーブ、でこぼこ道といった具合に、仕掛けがいっぱいで、ほんとにすごいと思うんだけど、演奏して得られる感動は特筆もの。
弾くたびに心が感動でいっぱいになるんだ。
     

このハーモニーでこのコラールをうたった当時の会衆の心にはどれほどの感動が湧き起こったのだろうか・・・・・。

すごいコラール、すごい編曲だと思う。
   
  
   

「人よ なんじの罪の大いなるをなげけ」

人よ あなたの罪の大いなることをなげき 悔い改めの涙を流しなさい
そのために キリストが 父なる神のもとを去り この世に来られた
死んでいるものを生き返らせ 病を取り去り
ついに時がきて 人の罪のために 十字架のあがないを 成し遂げられたのだ
   

   
   

この詩はイエスの「十字架」つまり「死」がテーマになっている。
     
つまり、3曲とも「死」」や「苦しみ」とどう相対するかがテーマになっている。
べつに、そのつもりで選曲したわけではないんだけど・・・・・。
     

514日、ぜひご一緒にバッハの音楽をマリンバの響きで味わいましょう。
本当にすばらしい曲ばかりです。

乞う、ご来聴!
  
    

 

 


 

|

« トッカータ ニ長調 BWV912 | トップページ | リーガロイヤルホテル »

Concert」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トッカータ ニ長調 BWV912 | トップページ | リーガロイヤルホテル »