« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月27日 (金)

Vib.のマレット

久しぶりのマレット研究室です!

 

と言っても、マリンバマレットではなくて。
ヴィブラフォンマレットです。

次のいずみシンフォニエッタの本番のためにVibのマレットを巻き直してみました。
マリンバのマレットは巻き直しするのは一応色々と熟知しているつもりなのですが・・・
これまた、なめてはいけないと思いました。なかなかムズイ。



あーこの後、ちょっこし長文。
先にいずみシンフォニエッタの宣伝を。(*´∀`*)


*****

2014年7月12日(土)1600~ いずみホール

いずみシンフォニエッタ大阪 第33回定期演奏会
「動物たちのとのワンダーランド」
ライヒ:ヴァイブ、ピアノ、弦楽器のための変奏曲
川島素晴:セロ弾きのゴーシュ
サン=サーンス:組曲《動物の謝肉祭》



いずみシンフォニエッタ大阪 定期演奏会

詳しくは  ↑ ここで。今回は本当に楽しそうです!
是非是非お越しくださいませ!

*****




次の本番、いずみシンフォニエッタが挑戦する曲は
ライヒのヴァリエーションズ(for Vibes,Piano&Strings)という曲で。
Vib4人!という編成で。
今週、大学でVibだけで練習させてもらいました。
本番使う楽器は YAMAHA 
メーカーを揃えようということで、後3台はレンタルの予定です。


学校にはいろいろなメーカーのVibがあって、(しかし、よく4台もあったものだ。)

YAMAHAとMusserと・・・えっとなんだっけな。鍵盤が細いの・・・?!
あ、それと、あとのもう1台は古い昔からあるボロボロの楽器で・・・?
まぁ。とりあえず、その種類の違うVibを
みんながYAMAHAに慣れるためにと

合わせ中くるくる~と、時間を分けて練習しました。

その時に感じたのは、それぞれマレットの馴染み方が違うな~と。


マリンバもそうなのですが、Vibのメーカーによって同じマレットでも
かなり音色の差や硬さが違ってくるようです。
だから、philiaのマレットはコオロギ施用だと思ってます。

やっぱり、たくさん楽器に触るとだんだんと分かってくるのもですね。


普段、マリンバを演奏しているから、

私にとって、なんとなく、
マリンバが家族なら、
Vib.は「いとこの子」に会うようなもので。

でも、1時間くらい遊んでるとすぐ仲良しに。。。みたいな。



同じ鍵盤だからといっても、木と金属ですしね。そりゃそうだわ。
いつもphiliaで使っている柔らかいマレットはマリンバであっても
いずみシンフォニエッタでは使えません。柔らかすぎて。

それに、Vibだとマリンバのマレット、ミディアムハードが
Vib
マレットのソフトになるような感じでしょうか。。。



でも、どうやら、硬さだけでなく、
ポーンと透き通る音を出そうと思うとただ硬いだけでは 
× みたい




その練習の前の日に、巻いたマレットを試し弾きさせてもらいに
行ったのですが、その時は、全然~!思ったより全部音が柔らかくて。
全部~ボツ! (T ^ T) そんなにすぐに上手くいかないかぁ、、、

それで、その時間に、他のVibのマレットを観察。
また巻いて、弾いて、、、、。
てな感じで。分かったことが!


一つは、(これは初めから分かってたことですが)

中身と毛糸(ほとんどが綿だけど)の音が合体している。
(糸を巻いたから、中身の音が著しく柔らかくなることがないように巻くこと)

マリンバの場合というか、私が使っているマレットは(これは好みですが)
表面が柔らかくて、トレモロの時に打音が少なくなるような巻き方なのですが、
そんなVibのマレットないものね。

だから、綿巻が好ましいのが分かった!
でも、綿巻きでないマレットも売っているのよね。
そのマレットは、音の通りはどうかわからないけど、音はきれいって思うなぁ。
だから、そういう時に使えば良いってことだよね。



二つ目。
形。
マッシュルーム型。
なんでそうなんだ?って疑問だったのですが。
これは巻いてみて、納得!

Img_0785

最後に横に帯を付けるのですが、
ほら、下の部分がないから
付けるとき、ぐっと締まるんです。



それと、打面が平ら。
だから、斜め巻きはもしかしたらVibには合わないのかも。
綿は硬いから斜め巻きだとなじまなくて。
綿の斜め巻きを、マリンバで弾いたらなんだか音が濁って聴こえました。
だから、平らに巻く!これもコツかも~!
使えば使うほど馴染むみたいな。。。


後はひたすらグイグイと力を込めて巻く!
指が真っ赤になります。これまた痛い。(;_;)
一日に4本がやっと。
きっと、いや、こういうのって機械で巻くのよね。たぶん。


あ。それと重さ。(これも皆さんよく知っているはず)
Vibはやっぱりあまり軽いマレットは×
ちゃんと鳴りません。表面の音だけって感じになってしまいますよね。
このマレット、結構な数を巻きました。200回以上。





このことを、参考に何種類か巻いてみました。
(水色以外はマリンバのマレット。でも何とか近くなるように巻いてみました)

Img_0784

本番、使えるか・・・分かりませんが。
これも研究!

  
   

  

そんなの当たり前じゃん~なんて言う方おられるかもしれませんが。
なーんとも、なかなかな発見でした。楽しかったです。笑

(´▽`) ァ '`,、'`


と言っても。
マレット職人になりたいわけではないので。
これからVibのマレットを巻くことは 頻繁ではない。。。なぁ。
philiaでもあまり使わないしなぁ。


でも、もしお役にたてれば嬉しいです~。
綿巻きは巻きにくくて難しいから意外とボロボロになってそのまま
ってことが多いかもしれませんよね。
昔、中学の部室であったなぁ。そういえば。
吹奏楽といえば、マリンバよりVibの方が使うものね。



なさそでありそ、ボロボロの、綿巻きマレット~♪


  
  
(´▽`) ァ '`,、'`




   
    
   
    
    
      
  
  
  
  
  
  

| | コメント (2)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »