« マレットの巻き方② | トップページ | コンサートの後で。 »

2011年11月12日 (土)

毛糸の止め方

 

ここまで、基本の巻き方を紹介しましたが、

 

巻き終わった後、毛糸を止める方法です。

 

 

まずは、毛糸を切ります。

柄の長さ3倍くらいあれば大丈夫です。

 

そして、手芸用の針に毛糸を通します。

Photo

 針に通すには、まず針に毛糸をひっかけて指で絞めていきます。

 

1

       


  

 

2

 

 

 

3_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

5

 

 

 

 

折れ曲がった毛糸が平らになり針に通しやすくなります。

 

 

 

まずは根元から

1週させて根元に針を刺します。

1_2

 

下から上へ 下から上へ・・・

3_3

 

毛糸と毛糸の間へ針を入れていきます。

4_2

下から見たらこんな感じ。

しっかり止めたい時は毛糸に針を刺し、貫通させて止めていくといいです。

 

一周したら針をマレットの中へぐっと押し込み、また針を出します。

5_2

出てきた部分を切ります。(結んだりする必要はありません)

6

 

同じ色の毛糸で止める場合は切らずに上の方へ毛糸を持っていきます。

 

 

 

次は上の方

 

上から下へ  上から下へ・・・

7

 

 

横から見ると

8

1週したら同じように針を中へ押し込み出してきた部分を切ります。

9

 

 

 

これで出来上がりです!  (v^ー゜)

 

 

 

 

 

 

|

« マレットの巻き方② | トップページ | コンサートの後で。 »

マレット研究室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マレットの巻き方② | トップページ | コンサートの後で。 »