« 教会でコンサート。 | トップページ | マレットの中身 »

2011年10月23日 (日)

どんなマレット?

 

さてさて、

 まだ本題に入っていませんでしたね。

 

 でも、その前に・・・、

 

 どんな、メーカーのものを使っているのか を紹介したいと思います。

 時々、そういう質問を受けることがありますので。

 それに、どのマレットにするか・・・これは最初に一歩ですものね。

 

 

皆さんは何種類くらいのマレットを持っていますか?

 

マリンバを始めたころ・・・

マレットは持っていて2~3種類でした。

よく使っていたのは、

 

 Sato マレット 

 

硬さは、ミディアム と ミディアムハード と ミディアムソフト

 

 YAMAHAのマレットもよく使っていました。

 その中でもよく使っていたのは、緑色のマレット、ミディアムでした。

 

あまりによく使うので、巻きなおすことを知らなかった私たちはそれを消耗するたびに買っていました。

ta子がコメントしてくれていましたね~。

 

  

 

中学生になり、ブラスバンドに入って、中2くらいになったころ、

巻き直す方法を覚えて、

はて・・・どうしたものか・・・この同じ硬さのものをどう使おうかしら?!

と考え始めたのがマレット研究のきっかけです。

 

 

 

さて、実は、その時使っていたマレット、

今はマリンバにはほとんど使っていません。

Sato のマレットも YAMAHA のマレットも ラタンシャフト ですが、

 

私たちは、今は ウッドシャフトのマレットを使っています。

 

グリップをバートンからスティーブンスに変えたのを機にウッドシャフトを使うようになりました。

 

よく使っているマレット達は、

 

アダムス ヴァンサイス モデル 

マレテック スティーブンス モデル

イノヴェーティブパーカッション マークフォード モデル

アンコールマレット ナンシーゼルツマン モデル

 

 です。

 

今、他にもたくさんのマレットがありますが、

中心に使っているのは これらです。

 

私が生徒たちにどれがいいかと聞かれたら、これらをおすすめしています。

 

ある楽器屋さんは、このマレットを注文したら

 「伊藤さんのお弟子さんですか?」と聞くらしい。

 

しかし、これらのマレットでもともと巻かれていた毛糸がそのままで

買ったままの状態になっているものはありません。

もはや、原型をとどめず・・・。

 

実のところ、そのままで使えるかどうかは、それぞれの好みもあります。

私は、好みに合わないものもありましたが。

でも、どうせ巻き直しをしなければならないのです。

だから、それを自分好みにできたら・・・、

 活躍できるマレットの種類は広がりますよね。

 

でも、もう一つ注意する点は、

 

メソードやテクニックなどが違ったら音も変わってくるはず、

誰かが使っているマレットの同じものを買っても、同じ音は出ない。

ということです。

 

でもまぁ ここで、それを言い始めるとこれを書いている意味がないので。。。

 

でも、でも、そういうことだけではなく、逆に、

どんなマレットを使っているかで奏法も変わってくるのです。

だからこそ、マレット選びは重要です!

 

もしかしたら、マレットを変えることでできなかったテクニックや

音を作ることが可能になるかもしれません。

 

 

と・・・前触れが長くなりそうなので、ここらで・・・

 

 

マレット研究室では、グリップやシャフトが違っても、役に立ちそうな基本的なことから、私がこだわっていることまで、紹介していけたらと思っています。

 

 

 

焦らず、見ていってくださいナ。

 

|

« 教会でコンサート。 | トップページ | マレットの中身 »

マレット研究室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教会でコンサート。 | トップページ | マレットの中身 »