« Ensemble philia~久々に・・・ | トップページ | ブラスト!を観た »

2009年7月21日 (火)

マレット

『また up しまーす!』

 

なんて、書いてしまったのに、ホッタラカシcoldsweats01 はよくない気もして・・・

 

モケモケ の マレット と言われちゃった 子たちを紹介しようかと思います。

 

こんな毛糸を使っていますの。 

毛足が長く、とても柔らかで軽いのが特徴。

Img_5676   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本1本が長い毛(ナイロン)が編み込まれているような感じで

これを巻いていくと・・・

Img_5679   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じに・・・  

 

これだけ毛足が長いと、弾くと形が変わります。

これが、ちょびっとソフトな音の仕掛けです。

芯はそこそこ固いけれど、ふわっっとッな音。

 

毛足がぺちゃ~んとなってきたら、マレットの柄を

両手で挟んで くるくるtyphoon 回します。

すると元通りに~

 

 

この毛糸・・・イタリア製みたく

Dolcezza とか Cigno てな名前が付いている~。

おしゃれな感じ。。。wink

 

 

Img_5690   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑これは「エチュード」という毛糸。

何だか、マレット専用の毛糸みたいな名前~♪

 

そして、Philia の人たちに愛用されているのはこれ。

Img_5686   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もりぞう と キッコロ  (ちょっと古い?!)

てな名前で呼ばれている・・・いや、そう呼んでいるのは双子だけかも・・・

 

 

この毛糸、マレットによって、まったく合わない場合もありますが、

マリンバだと トレモロの曲には モッテコイ な存在。

「4本マレットでずっとトレモロ・・・マレットが重くてしんどいぃ!!」

なんて思ったことありません?

 

低音を弾く時はある程度の重さが必要ですが、

重すぎるのもなんだか・・・ 

 

毛糸が軽いだけでもかなりマレットのバランスは変わってきます。

そして、巻き方でも。

 

重さ、固さ、毛糸の質、巻き方・・・

巻き方を覚えるには、とりあえず 巻くこと ひたすら 巻く 巻く 巻く

○○年 巻き続けて、巻き方も  進化  している・・・

 

マレット巻きは・・・結構 深いなぁ  

 

 

まだまだ研究の必要あり。

Ensemble Philia マレット担当 頑張りまっす!good

 

 

 

 

|

« Ensemble philia~久々に・・・ | トップページ | ブラスト!を観た »

マレット研究室」カテゴリの記事

コメント

「アンサンブルフィリア マレットの秘密」

なんてページを作ってみたらどうかな?

使っているマレットを一挙に公開して・・・。(または少しずつ、コンサートのたびにとか)

どこのメーカのどれにどんな毛糸を巻いていて、で、どんな曲のどの部分に使ったとか・・・。

本来は企業秘密だと思うんだけど、公開すれば色んな人の役に立つかも・・・。

でも、約一名の仕事量だけが増えてしまうかもですなあ・・。

投稿: yam | 2011年10月17日 (月) 11時23分

なーるほど

マレット研究室・・・みたいな。


では、とりあえずカテゴリーを作りませう。


* ´З`) /

投稿: 約1名 | 2011年10月17日 (月) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200622/30642809

この記事へのトラックバック一覧です: マレット:

« Ensemble philia~久々に・・・ | トップページ | ブラスト!を観た »